すず: 2012年7月アーカイブ

所謂ひとくちに薬局関連の所と言っても、多種多様な種別があるのです。
薬ざい師の働く薬局関連と言えば、一番に頭に浮かぶのが普通の薬局なのです。
普通、薬局と言っても、じつはたいへん複雑な既定で薬局は区分けされています。
もともと薬局といっても、薬だけを売っていれば薬局と名乗れるという事では無いのです。
薬局となのるためには一定の水準が合って、その基準をクリアしていなければいけないわけです。
それとは、必ず調剤室なるものを伴っている事、ヤクザイシが常に滞在していると言うこと、ドクター等の処方箋に基づいた医薬品を調剤することを出来る事というものです。
そして2006年に行なわれた医療法の改正によって、薬局関連ではちょっとした変遷が起きました。
それは、薬局というのはたんなる医薬品販売店舗と言う位置づけでは無く、医療提供施設という位置づけとなり、このことは調剤という医療行為を供給する場所であるという事を意味しているのです。

CRO 派遣先

そのため、薬局関連の場所で薬ざい師が業務につくという事柄は、それが小さな薬局であっても、医療を提供しているということになるというわけです。
そうして薬局関連と一言に申しても、まずは多種多様な薬局があるのです。
まず、基準薬局と呼ばれている薬局なのです。
これは、日本薬剤師会が決めた基準をクリアした薬局のことで、地域住民の皆様が薬品について安全に任せれる薬局という事が理解できるよう、公表したものです。
基準薬局と言うのは、責任もってしょほうせんを調剤をすること患者の方の薬歴カードを作成する事等、患者の方のためになりえる薬局の業務を意欲的におこなう薬局を、日本薬剤師会により認定される物の事をいいます。
基準薬局だと認められた薬局は、その明示があるので、かかりつけ薬局として安心して利用できる事になっています。
次に薬剤師のいる薬局の関連というと、保険薬局が有ります。

このアーカイブについて

このページには、すず2012年7月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはすず: 2012年4月です。

次のアーカイブはすず: 2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク