すず: 2018年6月アーカイブ

まだ梅雨明け宣言は聞いていませんが、でもこんなに天気がよくて暑い日が続くと、もう梅雨は明けたんじゃないかと思っちゃいますね(汗)。

この前、調剤業務がお休みの日に髪を切りに行きました。
自分は基本的に前髪が目にかかるのが嫌なタイプなのですが、そうなってくると早く髪を切りに行きたい~と思います。
時間がない時は自分で前髪だけ切ることもありますが、でもやっぱり美容師さんに切ってもらうのとは違うな~と思いますね。
後ろとかも伸びてきてしまっていたので、全体的に切ってもらえてさっぱりしました~。

夏になると露出も増えるので、本格的にダイエットしたいですが、なかなかやせない薬剤師でした・・・。
本気で飲むだけでやせる薬を開発したいです!
一般的に看護師の仕事は日勤と夜勤の2交代制で成り立っている(3交代制のところもある)。これは病院という特質上、24時間体制で動かなければいけないので、勤務を2交代制で分けることによって、その勤務時間を上手に分配しているのです。

ただ、この日勤と夜勤の2交代制の分担ですが、問題がないわけではありません。たとえば、どんな看護師でも夜勤を経験しなければいけないということは、自分の家庭の事情と上手く調整出来ないことが往々にあるのです。それは、育児であったり、親の介護であったりと様々な家庭の事情と上手く両立出来ないことがそれぞれあるのです。

その問題を解決するために、様々な働き方に対応するために、最近では多くの対策が取られるようになってきました。その一つが「日勤のみ」で働く看護師です(それとは別に、夜勤のみで働く看護師も増えてきました)。この方法であれば、昼は看護師として働き、その後子供を保育園に迎えに行く。そういった多様な働き方も出来るようになってきたのです。

しかし、日勤のみで働くということは、問題がないわけではありません。たとえば、給与の面で夜勤をしていた頃よりも少なくなってしまう。そのことが不満である。そういった方が多くいらっしゃるのも事実です。

ある看護師から聞いた話では、その方は育児と仕事を両立しつつ、家庭の収入面での支えになろうということを希望しました。しかし、思った以上の収入を得られることが出来ずに、再び転職を考えている。そういったケースもあるようです。収入面もある程度確保して、かつ日勤のみで働く。そういったことは可能なのでしょうか。

その方法の中において、最良な方法の一つとして、転職サイトに登録する方法があります。転職サイトに登録すれば、転職エージェントとの面談が始まります。その時に、転職エージェントが重要しているのは、クライアントであるとあなたの「ヒアリング」です。あなたが何を求めて、何を考え、どうして転職したいのか?それを徹底的にヒアリングをします。その中であなたの希望が「日勤のみで働き、かつ収入もある程度保障されている病院」であれば、転職エージェントはきっとあなたの力になってくれるはずです。また、実際に面接をする際には、予約なども取ってくれますし、実際の面接も一緒に対策してくれるので、転職活動の心強い味方です。厚生病院の看護師の求人を探す時も同じです。なので、日勤のみで安定的な収入を期待している場合には、転職エージェントに相談してみるのはいかがでしょうか。
皆さん日大アメフト部の問題・・・どう思いますか?

いろいろ考えさせられることばかりですよね?
一概に、前監督や、前コーチだけが悪いのか・・・と思っていたのですが、日本のアメリカンフットボールの協会が三行半をつけてしまって、前監督と、前コーチはもう会見での言い訳がすべてと言っていいほど覆され、「うそ」の証言をしてしまったという感じ。
自分の薬剤師仲間の友達に、日大アメリカンフットボール部の出身の人がいるのですが、その彼は前監督擁護派らしく、今の状況に100パーセントは納得していないご様子。
自分も、日本大学の後手後手の姿勢や、体質はまあ色々あるとは思いますが、テレビやネットの「集中砲火的」な攻撃はかなり辟易しています。

なかなか難しいですね~。

このアーカイブについて

このページには、すず2018年6月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはすず: 2018年4月です。

次のアーカイブはすず: 2018年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク